新作DENIMショルダー


前回のデニムトートと対になる鞄が完成しました。

 

こちら!

 

 

R0022619

デニムをメインにしたショルダーバッグ。

この鞄のアイデアは約一年前からずっとやりたいと思っていました。
しかし、いいデニム素材が見つからなかったのでなかなか作れずにいました。

今回、とてもいいデニムが手に入ったので、思い切ってずっとあっためていたアイデアを形にしました。

 

R0022621

センターに、よく焼けるヌメ革を配置。
このワイルド系のバッグには鹿角とデカ羽根チャームがよく合います。

 

R0022623
湘南にいる鳶の風切り羽根を刻印。

経年変化がとっても楽しみ。

 

R0022687
デニムのひざ部分にあたる部分。
もともとのリペアあとがありましたが、更に革用のオレンジステッチで強力補強。
デニムの淡いブルー×オレンジステッチが絶妙。

 

 

R0022636

ストラップ部分はヴィンテージのベルトを使用。

淡いグッドデニムと味出まくりレザーを組み合わせて使いたいというのが今回の望みでした。

そして。。。


R0022634

こちら!

なんとakihamaフェザーがバックルに。

これは、秋濱さんにバックルの後ろ側を少し磨いて欲しいとお願いしたら、なにやらカンカンと彫りをはじめていました。

ほかのものを作っているのかと思ったら、まさかのバックルに二枚の羽根を彫ってくれていました。
もともと味の出ている真鍮のバックルだったので、彫りの艶感とのコントラストがたまりません。

 

 

 

R0022628

そしてヴィンテージレザーの剣先にはちび羽の刻印が。

 

 

R0022676
逆サイドのストラップの様子。
個人的にこのニューレザーとオールドレザーの組み合わせとアウトラインがとっても◎

 

 

R0022653

本体との接合は手縫いで行っているので、超丈夫。

 

 

 

R0022638

そして裏面。
デニムとソフトヌメ革との切り返し。
個人的にはこっちサイドは裏になるようなポジションだと思いますが、こちらを表に使っても十分にかっこいいです。

 

 

 

R0022639
ノンウォッシュのデニムと白ステッチで補強。
いいアクセントになっています。

 

 

 

R0022694

下にはお守りの手縫いステッチを。

 

 

 

R0022641

上部のくちはレザーのファスナー。裏側にも赤い豚革でコーティングしてあります。

そして。。。

 

 

 

R0022675
ここにもakihamaフェザー!

ファスナーのつまみがこのクオリティー。

真鍮製です。

そしてそして、、、

 

 

 

R0022684

ファスナーエンドには赤コードバン!

この鞄ポイントありすぎ。

 

 

 

R0022690
内側。
アフリカから現地直送のマサイ族の布を採用。
外側のオレンジステッチとのマッチング。
内布なのに全体に程よい重量感(イメージ上の)を与えてくれています。
こちら側には二つのポケット。
R0022691

反対側には大きなポケット
口部分をレザーで補強。

R0022692

そしてIZUMIペイントの入ったF lineロゴ。

ゴールドベースがいい感じ。

 

 

 

R0022658

以上新型ショルダーの紹介でした。

 

この鞄は全体に経年変化をする素材をたくさん使っているので、是非たくさん使って自分色に育てていって欲しいです。

 

その姿を見るのが楽しみ!

 

新作が出来る度に、自分で欲しいなと思ってしまいますが、今回は特に。

 

前回のトートとの対になる部分は細かく存在しているので良かったら見比べてみてください。

 

ありがとうございました。

 

 

藤咲

 

 


Flineの商品は全て一点物です。
このサイトに掲載されている商品は、既に販売終了している商品も多数ございます。
こちらのショップページに掲載されている商品は購入が可能です。
ショップページには、このサイトに掲載していない商品もございます。

またFlineでは、商品のオーダーも受け付けております。
オーダーご希望の方は、こちらのフォームから問い合わせください。追って返信させていただきます。